ヨーロッパLCCの拠点ドイツ、フランクフルト・ハーン空港の概要とアクセス

フランクフルト・ハーンはドイツのラインラント・プファルツ州にある、格安航空会社の数々の便が発着している、ヨーロッパの空の玄関口です。この空港で発着している主な航空会社はライヤンエアー(Ryanair)で、ヨーロッパ各国へのフライトを破格の値段で提供しています。

例えば、ハーン空港からイタリアのベルガモにあるオリオ・アル・セリオ空港までの片道航空券が税・手数料込で9,99ユーロから購入可能です。運航便の本数と発着している空港も数多いので、ヨーロッパ内の移動にはとても便利です。

機内の座席は少々狭いのですが、1~3時間程度のフライトならば苦にはなりません。航空券はオンラインでのみ購入可能です。ひとつ注意していただきたいのは、私たち日本人は、セキュリティーを通る前にパスポート・チェックを受けなければならないので、印刷した搭乗券を用意して「Visa Check」と表示のある窓口に向かいましょう。

ハーン空港と周辺都市のアクセスには、フリブコ(Flibco)という会社が運行している空港シャトルバスを利用できます。フリブコでのバス移動は事前予約がお得です。充分に日にちに余裕を持って予約すれば、片道5ユーロからチケットを購入することが出来ます。当日バス運転手から購入する場合は倍額以上かかりますので、ネット予約をおすすめします。

事前に予約することが出来ない場合は、ハーン空港内で30分間無料にて利用できるWI-FIからフリブコのホームページに入り、乗車直前に予約し、スマホなどにEチケットを保存することも可能です。その場合事前割引はされませんが、運転手に直接支払うより半額ほど割安になります。

ハーン空港に停車するバスの路線は以下の2種類があります。
・ルクセンブルク-トリーア-ハーン空港-マインツ-フランクフルト国際空港
・ハイデルベルク-マンハイム-ハーン空港

いずれの路線も本数は一日に5本から10本と多くはないので、事前にホームページで時刻表を確認しましょう。日曜祝日には本数がさらに減ります。


トリーア市パレス・ガーデン